スマホで見る

「この物件何時に入れる?」【2019-01-11更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ 「この物件何時に入れますか?」というお客様 その理由とは? の巻2019-01-11


    不動産業に従事して間もない頃
    年末のある日
    「この物件を契約したいのですが・・・」
    店頭ガラス戸の張り紙を左手で指さし
    右手で引き戸を開けながら入ってくる40代と思われる男性
    間髪入れずに
    「何時から入れますか?」

    「何時・・・?」いつから?とは聞かれことはあるが

    「何時と言われても・・・とにかくおかけください」
    その男性にカウンターの椅子へ座るよう促すと

    「急いでいます!」

    そうなんでしょうね・・・

    時間は午前10時半を少し過ぎたころでした

    指さした物件は6帖の和室に3帖程度の台所
    お風呂とトイレがあって駅からは徒歩15分
    築30年を超えた家賃41,000円の古い木造アパートでした

    「まずはお部屋をご覧頂いて・・・」
    こちらの話を遮るように
    「午前中には入りたいのです!」

    「まずお部屋をご案内しますので気に入っていただいたら申し込みをして頂き家主さんの確認を取って契約に必要な書類を揃えてもらってから契約手続きなので1時間で入居するというのは無理というものです!」
    息継ぎもせずに話しました

    「それじゃ困るんです!」
    「こちらも困るんですよ!」

    少し落ち着いておとなしくなった男性はうなだれて
    「そりゃそうですよね・・・」
    「ご無理言いました・・・すいませんでした」

    張り紙の貼ってある引き戸を力なく開いて男性は店を出て行きました

    気になって自分も引き戸から顔を出し駅の方向を見てみます
    10メートルほど離れた線路沿いの所にトラックが停まっています

    うなだれたままの男性はそのトラックに近づいていきます

    「おとうちゃん!あたらしいおうちみつかったの~?」

    5歳くらいの男の子が運転席のガラスを手でクルクル回し下ろしながら
    できた隙間に口をとがらせて叫んでます
    助手席には母親らしき女性が
    赤ちゃんを抱えてこちらをじっと見ています
    少し頭を下げて会釈したように見えました

    男性が運転席の扉を開けると男の子は飛びかかるように抱きつき
    「どうなの?どうなの? おとうちゃんどうなのよ~」

    エンジンがかかり
    トラックは目の前をゆっくり通り過ぎます
    カーキ色の幌がバタバタとひるがえっています

    荷台に見えた物は
    梱包もされず段ボール箱にすら入っていない家財道具や服
    一番後ろには落ちそうに積み込まれたベビーベッド

    話には聞いていました
    初めて「夜逃げ」を見ました

    トラックは「わ」ナンバー
    返す時間が迫ったレンタカーだったのでしょう

    4人とありったけの荷物を積み込んだトラックは浮かれた師走の街を通り抜け消えていきました

    どのように対応すれば良かったのか
    何をしてあげれば良かったのか

    まだまだ経験の浅い自分には思いつきませんでした

    バブル真っ只中の昭和63年暮れのことでした。




     


    ページ作成日 2019-01-11

カレンダー
 << 2019年3月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング