スマホで見る

恩人との別れ (Part2)【2019-09-29更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ 「恩人との別れ」 Part2 2019-09-29



    肝炎を発症した社長は定期的に病院へ通うようになりました
    それでも夜は殆ど毎日街へ出向きます

    夜の巷にはアパートのオーナーさんや地元の地主さん金融関係の人
    もちろん同業者である不動産業者
    夜の街は様々な思惑と情報を持った人たちが渦巻くカオスと化していました

    その中を泳ぎ回り
    嗅覚を研ぎ澄まし
    仕事の匂いを感じながら彷徨うのです

    それはいまだ業界では行われているものなのです
    とは言え現代の情報はネットにも多く飛び交っています
    いつの時代も同じで嘘と現実の情報は夜の街を飛び回るものです

    私は入社7年目になっていました
    社長は肝炎から肝硬変に移行し入退院を繰り返すようになっていました
    それでも仕事への意欲が落ちることも無く
    土地を購入し建売を販売し
    土地所有者へアパート建築を提案し賃貸物件管理戸数を増やしていく
    これらの業務を社長の代理として実務にあたります

    この経験が私のスキルを飛躍的に向上させてくれたのでした

    暑い夏が終わり涼しくなってきた頃には
    事務所にいる時間より病室にいる時間の方が長くなってきました
    担当医からは肝臓がんであることを家族は説明されています

    朝事務所に出勤すると直ぐに病院へ向かいます
    前日の業務報告をした後
    現在進めている事業の状況を説明します
    また連絡があった方々の報告もします
    これが毎日の日課となっていました
    夜の街徘徊は私が引き継いでいました

    ある日
    2棟ある建売現場の内装について話をしていました
    私が話している途中で

    「俺死ぬのかな・・・」
    社長がポツリとつぶやきました

    私は社長の顔を見ること無く
    手元にある資料から壁のクロスの色について話を続けるのが精一杯でした。

    つづく


    ページ作成日 2019-09-29

カレンダー
 << 2020年10月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング